おっさんローディーの練習記

誰も興味ないであろう、アラフォーおっさんのトレーニング記録

本blog http://ossanroady.com/

疲れているときこそ 休養日

前日のランニングの疲れが残るなか、自転車で荒川に繰り出した


自分にとってのバイブルに書かれている一節を今一度思い出して
-----------

宮澤崇史の理論でカラダを速くするプロのロードバイクトレーニング
宮澤崇史の理論でカラダを速くするプロのロードバイクトレーニング
日東書院本社

・力を使わずに走る
 疲労が溜っている、あるいは調子が悪くてどうも力が出ない。
 そんなときこそ、トレーニングの絶好のチャンスです。なぜなら、力を使わない走り方を身に着けることができるからです。
 疲労が溜って力が出ないときに自転車に乗っても、当然スピードは出ません。それでも、ゆっくり、ゆっくりと走っていると、普段のコンディションでは見えない、力を使わない走り方が理解できるはずです。





------------


ペダルを踏みつけなくても、体を上手く使えばロードバイクは前に進む
また一つ、コツを掴んだ昨日のライド


赤城山ヒルクライム まで残り 114日


―――――
〇起床時
心拍数 bpm
体重 55kg
体脂肪率 8%
疲労度 中

〇6/1 実走

TSS 129.8
運動量 1498KJ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。