おっさんローディーの練習記

誰も興味ないであろう、アラフォーおっさんのトレーニング記録

本blog http://ossanroady.com/

FTP(4+1)インターバル×4

〇起床時
心拍数 46bpm
体重 55kg
体脂肪率 7.7%
疲労度 中


〇トレーニング内容

ウォーミングアップ 20分

(FTP 4分+レスト 1分)×4

クールダウン 10分


●目的

FTPの向上


MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較
トレーニングゾーン別の練習効果

用語解説

トレーニングストレススコア (TSS): 51.3
FTP設定: 245 W
ワーク: 498 kJ



Comment

昨日、休養明けで身体が軽いので調子に乗ったせいか、

少しダメージが残ってしまった


明日は天候と体調次第で実走に行けるかもしれないので

本日は軽めに抑える

昨日試したインターバルを4セット


ちょっときついけど持ちこたえられる領域

徐々に身体をならしていかなければ



息抜きに格言を一つ

以下全部コピペ(笑


「横野郎」をやめて「縦人間」になれば、必ず這い上がれる
執行草舟
 

「横野郎」とは、なんとも洒落た言葉ではないか。
 執行氏いわく、他人の目を気にして人に好かれよう好かれようとしている、横ばかり気にして生きている水平人間のことを「横野郎」という。
「横野郎」は自己を失う。
 それが今の日本社会、現代社会のありようで、すべてが「横社会」になってしまっていると執行氏は嘆く。


「他のだれかもやっているから」「みんながそうだから」といって、自己の責任を放棄する。
 その根底にあるのは「安心・安全」という意識。
 安心や安定ほど人間の生命を脅かすものはない。
 横の力に負けないためには、縦の力を鍛えることが重要である。


「縦の力」とはなにか。
 自分の祖先や祖国、なぜこの時代に、この国、この親の元に生まれたのかを考え、これだけは譲れないと思うものや人生をかけて情熱をそそげる何かをもつこと。つまり、自分の生命を立てる一本の軸こそ、縦の力なのだ。


 執行氏から、すべての「横野郎」に告ぐ。
「横が好きだというのなら、一生横野郎でいればいい。ただし、生意気に悩んでいるようなことを言うんじゃない。自分の精神の垂直を立て、自分の道を歩むなら、どんな人生もすばらしい。つまらない横野郎なんかになるんじゃない」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。