おっさんローディーの4行日記

旧サイト http://ameblo.jp/feltf6/
自己紹介 
http://feltf6.muragon.com/entry/2.html

フルマラソン完走と生涯自転車乗りであることを目論むアラフォーヲヤジの放言集

謹賀新年 MAPテスト

〇起床時
心拍数 45bpm
体重 54.4kg
体脂肪率 6.3%
疲労度 中


〇トレーニング内容
ウォーミングアップ 20分
MAPテスト
レスト 10分

(L5 30秒+レスト 30秒)×5

クールダウン 10分



MAPテスト ラスト1分の出力


●目的
FTP(推定値)の算出

有酸素系と無酸素系の酵素を高いレベルに維持する



用語解説
トレーニングストレススコア (TSS): 46.8
FTP設定: 240 W
ワーク: 421 kJ


Comment
明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します


まずは指標を定めるため体力テスト


じてトレ 様から抜粋


テスト手順

  1. 20分間ウォーミング・アップする。最初は楽なペースから始め、徐々にきつくない程度の強度に上げて行く。ただし絶対にハードに踏んではいけない。
  2. ウォーミング・アップ終了後、テストを開始する。まず150Wを1分維持する(体格が大きい場合や体力レベルが高い場合は200Wから開始してもよい)。ケイデンスにしばりはないので、自分が快適なケイデンスで回す。
  3. その後1分毎にパワーを25Wずつ上げていく(または12秒ごとに5Wずつ上げて行く)。もうこれ以上パワーを上げれなくなった時点で終了する。あまりにも早くギブアップしてしまうと正確な計測値が出ないので、全力をふりしぼって自分の限界まで追い込むことが大切だ。
  4. 終了後、パワー・データをダウンロードしラスト1分間の平均パワーを調べる。これがMAPとなる。
  5. 通常は、MAPの72~77%程度の負荷で1時間程度維持できるはずだ。つまりMAPの75%(72~77%の中間)の値を計算すればFTPの推定値が出る。



なんと前回計測したときと同じ値であった


進歩がなかったのか・・・?
やってきたことは無駄だったのか・・・?


否、寒くて身体が動きづらい季節でも夏場と同じパフォーマンスを維持している


暖かくなれば必ず出力は上がる


と、前向きに捉える


前回と同値なのでFTPは240Wのままで設定する

サイコンの設定をいじらなくて良いので楽だ(笑


物足りないので最後に少し刺激を入れて終了




本日は元旦といえどいつもと変わりなく20時に寝て3時に起きた
下らないTVやお祭り騒ぎに興味はない


生憎初夢は見なかったが、
昨日に引き続き他人の言をお借りする


中切れは万死に値する 様


夢を持とう!
少年は大きな夢を。
中年は奇跡的に実現できるぐらいの夢を。
壮年は何とかやれそうな夢を。
そして、計画しよう。
今週の事、春までにやる事、秋までにやる事。
冬の間にすること。
一年後の自分、3年後の自分…




死ぬまでにもう一度、
いつか何処かで表彰台に登れるように


ヒルクライムトレーニングの極意
ヒルクライムトレーニングの極意
SBクリエイティブ

そして5年、10年、20年後も自転車に乗れる身体であるように、
そのための貯「筋」を


今年もサドルの上でもがき苦しむことを決意