おっさんローディーの練習記

誰も興味ないであろう、アラフォーおっさんのトレーニング記録

本blog http://ossanroady.com/

爆風ハルヒル試走 休養日

ハルヒルも一ヶ月後に迫ったので、昨日は相方さんと榛名山に試走してきました
前夜にちょっとしたハプニングがあり、寝不足感ありありでしたが(笑


車を出してもらって現地まで
いつもありがとう
菜の花も満開で完全に春モード
いい一日になりそうだなー・・・と思っていた矢先、車内後部からプシュ~音


ソーヨータイヤ(SOYO TYRE) ラテックスチューブ LATEX TUBE W700×23~~25C 仏式
ソーヨータイヤ(SOYO TYRE) ラテックスチューブ LATEX TUBE W700×23~~25C 仏式
SOYO TYRE(ソーヨータイヤ)
スポーツ&アウトドア

スタート前に2500円サヨウナラー
実は昨年もレース前日に輪行で移動中、電車内で同じことが起きていたり
どうもホイール・タイヤとの相性が悪いようで、当日の機材選択に迷っている最中


多少テンション下がりましたが、現地に到着後チューブ交換してヒルクライム開始です

一本目は相方さんの後ろについてフォローしながら一緒に登ります
寝不足で明らかに身体が重そうです


休むダンシングの入れ方などアドバイスしながら登りました

榛名神社手前付近から勾配がきつくなり始め、少し苦しそう
迷惑顧みず後ろから声をかけ続けてゴメンチャイ
それでも足を止めないのは流石でした



ゴールまで残り1kmを切った付近にある通称チ○コ岩

ここで大人気なくスパートをかける毎度のパターン


ゴール地点まで先行してドヤ顔で迎えながらお迎えするいつものパターン
お疲れ様でした!


迷惑顧みず、頼み込んでナルシスト動画を撮ってもらいました
明らかに呆れ顔でしたゴメンチャイ


当日も勢い良くゴールに飛び込むイメージ練習用のものなので興味ない人(が99%だろうが)はスルーしてください


山頂はまだ少し肌寒く、路肩に僅かに雪が残っておりました


この日は風速8mの予報でご覧の通りのババ荒れ
ヒルクライムのスピード域でも明らかに進みませんでした


当日は穏やかであることを祈る・・・


山頂で小休憩して下山後、相方さんは車でもう一度山頂まで
自分はトレーニングと機材テスト目的でもう一本登ります
付き合ってくれて本当に感謝です


山中でも爆風が吹き荒れ、明らかにスピードが出ないので、タイムは気にせず機材テストをメインに登りました



チェーンの違いは・・・正直わかりませんでした
知らず知らずのうちにその恩恵を受けていた、と思うのみ


Tuned by LIGHT CYCLE !! - Recon ワンピースアロイレーシングカセット


12-14-16-18-20-22-24-25-26-27-28とロー側クロスのスプロケットは、後半の斜度がきつくなってくる場面で、細かいシフトチェンジによる抵抗の差が少なく非常に有効でした


少々お高いけれど、レース用の決戦機材としては大いに購入する価値ありです
・・・がディレイラーの調整はきっちりやる必要もありです


今年はパワーメータの出力に気をとられるよりも、今一度身体の使い方を考え直したいという想いが強く、ほとんど登りの練習をせずトレーニングもかなりスロー調整気味で心配しておりましたが


2本目でも最後までタレずに登り切れ、やってきたことは無駄ではなかったと確信
「本番までは体力を維持しながら減量という調整」で良い、と方針を決めました


帰路では思わぬ良い光景に巡り会う場面も



自転車店が火災で1000台全焼、被害4000万円か 埼玉・本庄 - cyclist
自転車乗りとしては目を覆いたくなる現場も目撃してしまいましたが・・・


忙しい日々の中でも、とても充実した一日
良い思い出になりそう
相方さん宅で一泊させてもらい、荒川をのんびり下って本日無事帰宅


焦らず騒がず、決して手は抜かず本番までを過ごそう


第5回 ハルヒル まで残り 31日


―――――
・誰も興味がないであろう、私のトレーニング


〇起床時
心拍数 bpm
体重 53.3kg
体脂肪率 %
疲労度 中~

TSS 52.0
運動量 681KJ



TSS 76.5
運動量 736KJ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。