おっさんローディーの4行日記

旧サイト http://ameblo.jp/feltf6/
自己紹介 
http://feltf6.muragon.com/entry/2.html

フルマラソン完走と生涯自転車乗りであることを目論むアラフォーヲヤジの放言集

一目瞭然 実走練習へ


昨日の記事は糖質制限者の食事内容だったのでおさらい・追記的に


米・パン・麺類は口では甘さを感じなくとも体内でこれだけの砂糖に変換されている事実
視覚化すると一目瞭然だ



運動中と運動後は速やかに筋肉に糖質が取り込まれるように人間の体はできているので問題はないが、運動しない場合は糖質で血液がドロドロになり(ジュースをこぼすとベタベタするのを想像してほしい)血管を傷つける(→糖尿病患者が失明したり腎不全になったりする原因、血液が流れなくなるので当然だ)


このままではマズい、と体が判断して血糖値を下げるためインスリンを分泌し血糖値を下げるのだが、現代の糖質過多の食事ではインスリンが大量に分泌される


大量に分泌されたインスリンの作用で今度は逆に血糖値が急降下し、脳が働かなくなる(食事後の眠気・甘いものが欲しくなる原因の正体)


インスリンは体脂肪の燃焼をストップさせる作用があり、糖質を主要なエネルギー源にしていると脂肪をエネルギーに変換する機能も弱まる(脂質は分解するのに多くの過程を要し時間がかかるが、糖質はてっとり早くエネルギーに変換されるため体が脂質を分解する必要がないと判断するようになるため)ので糖質を採り続けるほかなくなる


これで糖質依存・メタボ体型の完成だ
ついでに日常的にインスリンを大量に分泌し続け、すい臓が疲弊し機能不全になるのが糖尿病である
なんという悪循環だろう



慣れるまでが大変だが、糖質制限に体が適応すると生命維持に最低限必要な糖質(一部の脳の機能・赤血球)はタンパク質と脂質から合成されるようになる



また体脂肪を分解して「ケトン体」を作り出し、脳でも利用可能なエネルギー源となる
「脳のエネルギー源は糖質のみ!」と謳うのは無知を晒してるようなものなのでそっとその場を離れて欲しい)



食品業界で働いているので自分の首を絞めるようなことなんだけど(苦笑


第5回 ハルヒル まで残り 82日


―――――
・誰も興味がないであろう私のトレーニング


〇起床時
心拍数 46bpm
体重 54kg
体脂肪率 6%
疲労度 中


〇トレーニング内容

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。