おっさんローディーの4行日記

旧サイト http://ameblo.jp/feltf6/
自己紹介 
http://feltf6.muragon.com/entry/2.html

フルマラソン完走と生涯自転車乗りであることを目論むアラフォーヲヤジの放言集

ラン目覚まし走 荒川~江戸川LSD

昨日は久々に川沿いをロング練して参りました



強烈な寒波が押し寄せた影響で、比較的温暖だと思われる埼玉でも氷点下を計測


ローラーでも良かったけれど、この時期は距離を乗り込む練習をしておきたい

寒さに負けず外に繰り出すためのモチベーションとして、昨日は世界一イケてる(自己基準)TIME号に出陣願った
尚、後ろの扉は便所の模様


澄み切った空気と空=強烈な放射冷却で凍てつく空気
朝陽と愛車が一層映える

防寒をしっかりしたため寒かったのは最初の30分だけ
ウェアの下はしっかり汗をかいているのがわかる




ロング練ではスピードやパワーを求めない
如何に体を上手く使って力を入れずに楽に進むかが課題



自分的には「X」を複数感じられてる状態がgoodですな

昨日は「X」どころかスクリュードライバー(笑)のような力の流れを感じた
大きな収穫、これだけで寒い中実走に出た価値があった

筋肉の着き方からどういうことかしてイメージして頂きたい
ガチガチに筋肉と骨格を固めていると力の流れは感じ取れない
「力の入力と脱力」が肝
全身を連動させられたってところか
上の筋肉群は補助的なものでもっと大事な部分がある


画像はイメージです
冬の河川敷はある意味向かい風との戦い
頑張っても20km/hに届かないことも珍しくない


「きつい、しんどい、進まない」ではなく負荷装置だと思って淡々と進む
風と喧嘩したって勝てる訳ないのだからどうすれば楽になるかを考える
当たり前だけど頭を下げ、上体を倒すエアロフォームが一番楽という結論に行き着く


ローラーでパワーメーターと睨めっこしてると疎かになる部分
けっこう忘れてる人は多いんじゃなかろうか


特別な何かがある訳ではないのだけれど、足を止めずに淡々と走るにはうってつけのコース


折り返し地点以外はほぼ止まらずで150km
体の感覚がグンと鋭くなった印象
どうやら距離を乗り込むと調子が上がってくるタイプのようだ


距離相応に疲れたけれど足に疲労が無い=足の筋肉は使ってない
段々と細くなる一方の足
体の使い方が以前と全く別物になった



来週もロング練に繰り出したいな


第5回 ハルヒル まで残り 115日


―――――
・誰も興味がないであろう、私のトレーニング
本日は体を目覚めさせるためランニングを3kmのみ
前回ランニングの筋肉痛もとれて快調でした



〇起床時
心拍数 計測無し
体重 計測無し
体脂肪率 計測無し
疲労度 中


〇トレーニング内容


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。