おっさんローディーの4行日記

旧サイト http://ameblo.jp/feltf6/
自己紹介 
http://feltf6.muragon.com/entry/2.html

フルマラソン完走と生涯自転車乗りであることを目論むアラフォーヲヤジの放言集

休養日 走り納めは子の権現堂

本日はお休みです
仕事のピークは過ぎたので明日からぼちぼち再開します



昨日は先月にご一緒した女性アスリートと走り納めに行って参りました
本人たっての希望ということで「子ノ権現天龍寺」へ



名前はどっかで聞いたことがあった気がします
「足腰守護」のご利益があるそうなので走り納めにピッタリです



自走だと夕暮れも気になる距離なので車で近くまでいくことに

偶然映りこんだ名も知らぬサイクリストさん
天気に恵まれ車内から富士山が綺麗に見えました


車からバイクを降ろしセッティング中に激写されていた模様(笑


登り口に入るまでダンプやトンネルなどあってなかなかスリリングでした・・・
安全運転で行きました


標識に従って進むと良い感じの風景に

以前釣りを嗜んでいたためか水辺を見ると心が躍ります


この辺りから本格的な登りスタートです


いきなしガーミンが斜度10%を超えてました

一日経って調べてみると・・・平均斜度9.5%でした
ホームにしてる「白石峠」より勾配が厳しかった模様(笑


今日はトレーニングではないのでサポートしながら(サポートになってたかどうかわからんけど)一緒に登りました


ガーミンさんが10%以下の時間が殆どなかったような気がしますが(笑)、話したりボトル取ったりしながら「楽しい」と言って登ってます
普通の女性では無理だと思います
ダンシングが得意なようで随所で織り交ぜながらぐいぐい行ってます
後ろに居た僕のパワーメータは280Wを計測しておりました


身長・体重はおそらくほぼ同じくらいでの数値です


「コーナーはアウト側の方が楽に登れるよ」
「きつかったら上ハン持つと呼吸が楽になるよ」
とアドバイスを交えながら登りました
「足を止めたら死ぬぞ!」と言いかけたけど止めました(笑


自分にとって登りとはトレーニングの一つでしかなかったけれど、自分のことは置いといてこうしてサポートしながら一緒に登って感じたのは「楽しい」ということ
教える立場ではあったけれど大事なことを教えてもらった気がします


土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング
土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング
東京書籍

「アシストが好きだ」ってこういう感覚だろうか
正直なところ斜度はきついはずなのに全然苦しかった記憶がありません
楽しくて息すんの忘れてたのかもしれません(笑


ラスト数百mはさすがに厳しそうでしたが、そこはランニングで鍛えた根性で最後まで脚をつかずゴール!


温存しまくっていた脚で大人気なくスパートかけて先着し、ハイタッチでお迎えました


本人いわく「マラソンでもこんなきつかったことない」とのこと
おつかれまでした!


でも眼下に広がる景色を見ればそんな苦しさ吹き飛ぶのがヒルクライムというもの
苦しそうだったけど感動で笑みがこぼれておりましたよ(笑


息を整えてから境内を参拝です


シンボルの大草鞋と本道で健脚のお祈りをしました

自分は「とりあえず人並みに歩いたり走ったりできるようになりますように」と

このポーズ一度やってみたかったので撮ってもらいました(笑


天気に恵まれたこともあいまって本堂の上にある展望台からはスカイツリーまでよく見えました
この景色、多分忘れないものになりそう


お参りを終えて下りに入り次の目的地にむかいます


俺氏、寒さで顔面の筋肉が硬直した模様
人間って顔の筋肉が動かないとマトモに喋ることもできなくなるのですね・・・
初めて知りました


情けない声でしか話せなくなってゴメンナサイwww



「天目指峠」あまめざしとうげ


おぉ、なんかいかにもヒルクライムに良さそうな名前じゃねぇか
こりゃー期待に胸が高まるぜ


そこそこの坂を登った先にあるのは感動の景色!

ではなく木々に囲まれたなかに看板が一個あるだけでした・・・
完全に名前負けしとるがな



日も傾いて来たのでちょっとペースを上げて次の目的地を目指します
俺氏、さらに顔面が凍りつき言葉少なくなる
ゴメンチャイwww
次はフェイスマスク持参いたします



サイクリスト御用達のカフェキキさんに到着!
ソッコーで珈琲をオーダーし身体を温めました
生き返りました

自分はカレーの特盛と相方さんは坂登り丼を注文
午後3時を廻ってからちょっと遅めのランチタイム
腹に染み渡りました
ご馳走様でした!
糖質制限自己人体実験中とか気のせいだ


マスターもサイクリストということで会計時にオススメのコースを訊ねると

「ヒエーッ」とびびって黙り込むワシに対し、目を輝かせる相方さん
なんかそのうち抜かれる気がしてならないのですが



完全に夕暮れになってしまい、土地勘も無かったので少々迷子になりましたがなんとか無事スタート地点に帰って来れました
念のため・・・と明るいライトを装備してきて大正解でした


糖質制限とか気のせいだ!



脇目もふらず自転車に乗り続けていたら一緒に走ってくれるパートナーが出来ました
という夢みたいな出来事
夢なら覚めんでほしい


第5回 ハルヒル まで残り 143日



〇走行内容


●目的


FTP設定 253W
TSS 108.1
運動量 1372KJ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。