おっさんローディーの練習記

誰も興味ないであろう、アラフォーおっさんのトレーニング記録

本blog http://ossanroady.com/

休養日 秘密裏に進行中

本日はお休みして疲労を抜きます
明日は実走です
天気も良さそうで川沿いをLSDコースかな


徒歩通勤とランニングと新しいことに取り組み始めた結果、強い疲労感と筋肉痛が数日続いておりましたがようやく復調の兆し
自転車の練習が多少減っているけれど、何だって新しい運動を始めたときはこうした苦痛は付き物
自転車どころか日常で必要な歩く・走るといった基本的な運動能力が常人以下ということが判明した訳だし(笑
ここを乗り越えればまた以前のように自転車の練習も出来るはず
踏ん張りどころです



F計画発動 - おっさんローディーの4行日記

覚えている人間など私だけだろうが(笑)、日々を過ごす中「F計画」を裏で実行し続けていた
急ぐ必要は無いものなので予定より大幅に時間がかかってしまったが、明日はいよいよそのお披露目となる
ま、自己満足でしかないものなのですが・・・


まずは今日一日を何事もなく過ごすこと
今日で10日目の徒歩通勤からスタートですね


-----------------------

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。
イチロー

イチローこと鈴木一朗。


馬鹿親の見栄と自己満足でママゴトのような名前をつけられた不幸な子どもが続出する現代において、イチローの活躍が示唆するものは大きい。

平凡な姓名でありながら、いや平凡な姓名であるがゆえに、かえってその偉業がクローズアップされることになったイチローの存在は、全国の鈴木さんと一朗さんに少なからぬ誇りをもたらしたに違いない。

イチローの凄みは、環境の変化に一切動じないことにある。

日本だろうが大リーグだろうがやることは不変。

素振りとスローイングとストレッチという基礎の基礎を徹底して繰り返す日々。

少年野球のころからの変わらぬ日課が、完全なバットコントロールと選球眼、そして加齢をものともしない類い希な運動能力を彼にもたらした。

誰にでもできる簡単で小さなことの積み重ねが、鈴木一朗を世界に一人しかいない “イチロー” に仕立て上げたのだ。

--------------------------


第5回 ハルヒル まで残り 166日



〇起床時
心拍数 45bpm
体重 53.2kg
体脂肪率 6.1%
疲労度 中

〇トレーニング内容
無し

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。