おっさんローディーの練習記

誰も興味ないであろう、アラフォーおっさんのトレーニング記録

本blog http://ossanroady.com/

L5(30s-30s)インターバル センタリングに最適



本日は中~高強度です

宮澤崇史の理論でカラダを速くするプロのロードバイクトレーニング
宮澤崇史の理論でカラダを速くするプロのロードバイクトレーニング
日東書院本社


これまで何度か記事にもしてきた「センタリング」=「踏み所を掴む」という作業
こいつを掴むと驚くほど軽い力で自転車を進ませることが出来る


だが自転車に乗った瞬間に踏み所を掴めるかというとそうでもなく(掴める人もいるかもしれないが)、私の場合踏み所を掴むまでは少々時間を要する


書に記載もあるがそのための方法は人により千差万別で、ロングライドであったりインターバル練であったりする


私の場合、比較的高強度の短時間インターバルを繰り返すと早い段階で感覚を掴みやすいようだ


VO2maxパワー強化用・「30+30」インターバル−じてトレ


本日は少々疲れもあるため、自分にとって一番取り組みやすいインターバル(一番取り組みやすい練習というのも体質・脚質・体力レベルなどにより人によって千差万別)でセンタリング練習
ついでに体力の維持・向上も狙う


最後の10分ぐらいでようやく「掴めた」
いつでもどこでもこの感覚で走れれば良いのだが
無意識にでも出来るぐらい練習を重ねたい、と終了後に思う


パワーメーターやサイコンの数値だけでは絶対に分からない、この「掴んだ」感覚
ペダリングのベクトル解析があれば分かるかもしれない、が自分の機材にはそれが無い(泣
最近では出力を上げる努力よりもいかに「踏み所を掴む」かを重視するようになってきた
外を走る時などほとんどを「踏み所を掴む」「掴んだ感覚を長時間維持する」「力を入れずに自転車を前に進める」ことに費やすのでスピードはかなり遅い
もし外でチンタラ走ってる私を見かけたら、出すべき場面で力を出すため敢えて遅く走る練習中なので、遅い私を鼻で笑いながら遠慮せずぶち抜いていって欲しい(笑


明日もまた「掴める」だろうか
明日の朝、練習する時間がまた待ち遠しい


第6回 まえばし赤城山ヒルクライム大会
まで残り 21日


〇起床時
心拍数 46bpm
体重 54.4kg
体脂肪率 7%
疲労度 中


〇トレーニング内容
ウォーミングアップ 15分
(L5 30秒+レスト 30秒)×10
レスト 5分
(L5 30秒+レスト 30秒)×10


●目的
ペダリング技術の向上
VO2maxパワーの向上


FTP設定 247W
TSS 48.1
運動量 444KJ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。