おっさんローディーの4行日記

旧サイト http://ameblo.jp/feltf6/
自己紹介 
http://feltf6.muragon.com/entry/2.html

フルマラソン完走と生涯自転車乗りであることを目論むアラフォーヲヤジの放言集

L4~L6 気が楽になったこと

本日は疲労感もあるので体力維持の練習
短時間中程度の負荷でサクッと終わらせる
特筆することは特に無し


つくばでのレース以降、色々な面で気が楽になった
特に一番楽になった点と言えば

6~7月中の一年で最も蒸し暑い季節に、灼熱でのエンデューロ対策のため、エアコンつけずに頑張っていたのが最初から冷房全開でやっていいこと(笑



外を走りたい気はサイクリストとして当然あるけれど、四十路が迫ったオッサンという現実もあるし、上記記事の言うことはもっともだと考えるので控えておく


夏場は特に汗で水分がもっていかれ血液がドロドロになる→血液循環が悪くなる→ドロドロの血液を循環させるため心拍が上がる→心臓・ひいては全身に無用な負荷がかかる(トレーニングとは無関係の負荷である)→翌日以降の練習に支障が出る、なんてことも考えなければならない


つくばのレースでの心拍数を見てみると、ほとんど心拍数180以上で4時間ぶっ続けで走っているのがわかる


心拍計つけて走っている方ならば理解頂けると思うが、180bpm以上で4時間ぶっ続けで走るなんて通常ありえないことだ(笑


レース後の数日の記事を見ていただけると理解できると思うが、しばらくサッパリ調子が上がらず低空飛行が続いた

レースという非日常な環境でアドレナリン(心拍増加の作用がある)噴出しまくりだった影響は多分にあるだろうが、高温下での走りが如何に体に負荷をかけていたかが窺い知れる



四十路迫ったオッサンだし(大事なことなので2度言いました)10代20代と一緒だと考えてはイカン


安全面も考えると走るなら夜間より早朝に絞るべきかなと

今、外を思い切り走りたい気持ちは涼しくなるまで我慢しておこう


第6回 まえばし赤城山ヒルクライム大会
まで残り 35日


〇起床時
心拍数 44bpm
体重 54.7kg
体脂肪率 7.2%
疲労度 中


〇トレーニング内容

ウォーミングアップ 15分

(L4 4分+レスト 1分)×2

レスト 5分

(L5~L6 30秒+レスト 30秒)


●目的

体力の維持


FTP設定 247W
TSS 37.3
運動量 348KJ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。