おっさんローディーの練習記

誰も興味ないであろう、アラフォーおっさんのトレーニング記録

本blog http://ossanroady.com/

L6(30s-30s)インターバル 無酸素運動とはいうが

本日は高強度です


一度やっている内容なので、初回と違い最適なギア、ケイデンス、ローラーの負荷などが分かっているので多少気が楽


本当に「多少」「気休め」程度で、終了時またオエッとなることに変わり無いですが・・・



これまでの常識や分類上「無酸素運動」と言われているが、しっかり呼吸できている(長くは続かないが)実感はあるので、超高強度の有酸素運動といったほうが適切

乳酸と運動生理・生化学―エネルギー代謝の仕組み (体育・スポーツ・健康科学テキストブックシリーズ)
乳酸と運動生理・生化学―エネルギー代謝の仕組み (体育・スポーツ・健康科学テキストブックシリーズ)
市村出版

実際本当の無酸素運動は垂直飛び(あるいは同程度の瞬間的な運動)ぐらいなもので、100m走でさえ有酸素運動であるのは、現代スポーツ科学では議論の対象にならないぐらい常識らしい


VO2max(最大酸素摂取量)を有酸素運動の上限(最大限糖と脂肪を酸素を用いて分解しエネルギーを得る運動)と捉えると、150%VO2maxの強度とは、有酸素運動の上限+糖を酸素を用いないで分解してエネルギーを得る運動(図で50%の部分)というイメージを持たれると良い


VO2maxにたいしてFTPの割合が高まるにつれ、更に向上を目指すには今日のような酸素摂取量の上限付近での高強度の練習で、無酸素の部分を少しずつ有酸素の領域に持っていく必要がある、それが高強度トレーニングの意義であると、オッサンは勝手に推測して練習をする


理屈は分かってても毎回やりたい練習ではない(笑)が、理屈が分かってるとなぜこの練習が必要なのかが理解でき、苦しくてもチャレンジする意思が生まれてくる


目標は「生涯サイクリスト」なのだから

身体が動くうちに能力を伸ばせるだけ伸ばしておいたほうが後が楽ってもんだ


身体が回復したらまたチャレンジする


第6回 まえばし赤城山ヒルクライム大会

まで残り 38日


〇起床時

心拍数 46bpm

体重 53.8kg

体脂肪率 7.4%

疲労度 中


〇トレーニング内容

ウォーミングアップ 15分

(L6 30秒+レスト 30秒)×5

レスト 5分

(L6 30秒+レスト 30秒)×5

レスト 5分

(L6 30秒+レスト 30秒)×5


●目的

無酸素運動能力の向上

VO2maxパワーの向上


FTP設定 247W

TSS 51.1

運動量 394KJ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。