おっさんローディーの4行日記

旧サイト http://ameblo.jp/feltf6/
自己紹介 
http://feltf6.muragon.com/entry/2.html

フルマラソン完走と生涯自転車乗りであることを目論むアラフォーヲヤジの放言集

回復日用L5インターバル 努力には2種類ある


本日は体幹部に張りがあり、軽めの調整です


インターバル・タイマー:30+30インターバル(回復日用)−じてトレ

最近自転車以外でも姿勢維持や歩行に酷使しまくったせいかな
なんだかもどかしい


web上で見た有り難い言葉を一つ


努力には2種類ある。
一つは「直接の努力」であり、
もう一つは「間接の努力」である
幸田露伴



「努力」と聞くと、眉間にしわをよせて苦しさに耐えているというイメージがつきまとうが、本来はそうではない。
 努力を努力と思うこともなく、淡々とやるべきこととやりたいことをこなすうちに、結果が自ずとついてきた、というものが本当の努力の跡なのだ。
 そのことは、露伴も同じことを言っている。
「努力を忘れて努力することが真のよいものである」と。


 露伴のいう「直接の努力」と「間接の努力」とは、目の前の目標に心を尽くして精一杯がんばるものと、将来に備えて準備をするもの。つまり、さしあたっての努力と基盤となる努力のことである。
 この2つの努力のどちらが欠けてもだめだし、努力する方向がまちがえば骨折り損になってしまうという。


 そうならないための要点を教えよう。どちらの努力にも共通点があるのだ。
「努力を楽しんでいるか」「シンプルに生きているか」
 なるほど、努力を努力と思わないのだから楽しんでいるはずだし、物心ともによけいなものを背負い込んでしまうと集中できないからシンプルに、ということか。




「直接の努力」「間接の努力」と「努力を楽しんでいるか」「シンプルに生きているか」か
うーん・・・
目の前の目標=赤城山HC,将来に備えて準備=生涯サイクリストであるための”貯筋”が該当するかなぁ
練習は苦しくきついけど楽しいと思うからこそほぼ毎日続けられてるし、四六時中自転車のことばかり考えてて自転車に乗ってるか仕事してるか寝ているか、な生活だし・・・




おいおい
今やり続けていること全部当てはまってねえか!?(笑



ならば何も変えずこのまま人生を楽しむとしようか
変わるのは練習の強度だけ(笑


第6回 まえばし赤城山ヒルクライム大会
まで残り 17日


〇起床時
心拍数 45bpm
体重 53.8kg
体脂肪率 6.6%
疲労度 中


〇トレーニング内容
ウォーミングアップ 15分
(L5 30秒+レスト 30秒)×5


●目的
体力の維持


FTP設定 247W
TSS 13.6
運動量 134KJ