おっさんローディーの練習記

誰も興味ないであろう、アラフォーおっさんのトレーニング記録

本blog http://ossanroady.com/

休養日 サドル交換アリオネR1

〇起床時
心拍数 46bpm
体重 53.5kg
体脂肪率 5.8%
疲労度 中~


〇トレーニング内容
無し


Comment
低強度とはいえ3日連続3時間以上となると、
さすがに疲れが貯まってきたので一度休養を入れる


迷いを断つため手元にあった釣り道具を全て売り払った
お陰で小金が少し手に入ったのでサドルを購入


ここ1ヶ月ほど練習用バイクで使用して、
改めてその良さを感じていたフィジークの定番サドル アリオネの上位モデルを購入

フィジーク ARIONE R1 カーボンレール サドル ブラック(7670SWSA09C65)
フィジーク ARIONE R1 カーボンレール サドル ブラック(7670SWSA09C65)
スポーツ&アウトドア


もう一つ上のグレードもあるのだが

ARIONE 00 カーボンレールforスネーク ブラック/グレー 7092SWSA19C65 fi'zi:k フィジーク サドル アリオネ
ARIONE 00 カーボンレールforスネーク ブラック/グレー 7092SWSA19C65 fi'zi:k フィジーク サドル アリオネ
fi'zi:k
スポーツ&アウトドア

(他blog等を参照し)実測重量的に5g程度しか違いが無いうえ、
お値段が1.5倍になるのでR1を選択した


フィジークはサドルの種類が多すぎで(選択肢が多いのは良いかもしれんが)、

名称も同じようなのが多いのでいざ選ぶとなると混乱する

対応求む



写真を撮り忘れたが、
これまで使用していたスパイダーツインテールが143g

TIOGA(タイオガ) スパイダーツインテール サドル ホワイト
TIOGA(タイオガ) スパイダーツインテール サドル ホワイト
TIOGA(タイオガ)
2012-05-07
スポーツ&アウトドア

対してアリオネR1が147gと重量的には誤差の範囲


ポジション出しのためアクティブリカバリーを兼ね彩湖を周回してきた感想を



ペダリングのしやすさは個人的にはアリオネのほうが圧倒的にしやすい
回転系、トルク系のどちらでもいける
*個人的な感覚です
サドルは相性があるのでツインテールの方が良い、という人もいて当然



アリオネで良く言われる前後へのポジション移動も容易
ツインテールはサドル先端部が硬く一点固定型
・・・だがアリオネは一点固定型のサドルだと個人的に思う
自分は平地ではほぼポジション移動しないが、
登りでは頻繁に移動するのでアリオネのほうが使いやすいかもしれない
後端部がわずかに反りあがっているので、
そこに坐骨を押し付けるようなポジションに調整する



クッションは練習用バイクに装着している初代アリオネに比べ硬め
個人的(しつこいがサドルは本当に個人差が大きいので)には初代の絶妙な量のクッションが好みだが、
重量などの観点からこの硬さなのだろう
ツインテールはクッション無しだが、
サドル自体がしなる構造のためクッション無しでも痛くて乗れなくなることはなかった
だが200km以上の走行となると後半少ししんどいかな、と感じていた



フィジークのサドルに共通で良いなと思うのがI.C.S(Integrated Clip System)だ

ワンタッチでサドルバッグやリアライトを装着できるシステムで、
自分は小型のリアライトを装着している

【BLF1A01311】フィジーク ICS ブリンクライト/シルバー FIZIK
【BLF1A01311】フィジーク ICS ブリンクライト/シルバー FIZIK
fizik
スポーツ&アウトドア

専用品だけあって美観を損ねない・・・と思うがどうであろうか



次レースは(*アクシデントが無ければ)4時間ぶっ続けで走行することになるので、

来週の休みにちょっとロングライドをしてテストをしてくる予定
*前年は落車した(笑


全日本9時間耐久サイクリングinつくば2016 ~9極の耐9~
まで残り 70日

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。