おっさんローディーの4行日記

旧サイト http://ameblo.jp/feltf6/
自己紹介 
http://feltf6.muragon.com/entry/2.html

フルマラソン完走と生涯自転車乗りであることを目論むアラフォーヲヤジの放言集

練習も積み重ねてみよう L4~L6+流しラン


倖せとは、些細なことのつみ重ね…、
人生とは、日常のつみ重ね…、
私とは、ディテールのハーモニー…


安井かずみ


 作詞家の安井かずみが残した言葉。「わたしの城下町」など、数々のヒット曲を世に送りだした彼女ならではの詩的な言葉だ。


 幸せそうだな、と思う人には共通点がある。
 それは、
 些細なことからも新しい発見と喜びを見つけるのがうまい。
 夢中になるものがある。
 日々の生活にリズムがある。
 肩の力がぬけている。
 がんばりすぎない。
 自分の心に正直。
 人から何を言われようと気にせず信念を貫く。
 何より、自分を喜ばせるのが天才的に上手い。
 自分を大切にしている。
 より良い人生になるよう努力している。
 人生を楽しんでいる。


「しあわせ」というのは、本来、めぐり合わせをさす言葉だったという。
 つまり、いいことも悪いことも、どちらも幸せであることには変わらないのだと。
「良い幸せ」がある一方で、「悪い幸せ」というのもある。
 後から振り返って、「ああ、あのことがあったから…」ということだってあるだろう。 


 毎日の小さなことのつみ重ね、一日一日のつみ重ね、それが血となり肉となり、自分というかたちになっている。
 だとすれば、この世界は一人ひとりのディテール、「しあわせ」のハーモニーなのにちがいない

-------------


スポーツやってる人で「楽しければ良い」と語る人は多いし、自分もここまで自転車に乗ってきたのはそれが根幹だし全く否定しない


でも、どーせやるなら実力があったほうが爽快だしかっこいいので練習する
結果を出せば本人の意思とは無関係に周りからの評価は勝手に上がる
多少不純なとこもあるかもしれないが、このぐらいシンプルなので続いてるんじゃないの


「楽しければよい」と言う人ほど言葉には出さないけれど「もっと強くなりたい」というものが見え隠れする


恥ずかしがることでもないし、ワシは包み隠しません(笑


「(スポーツの)実力とは練習のつみ重ね」


そんなわけで今日も明日も淡々と練習するのだ


第5回 ハルヒル まで残り 23日


―――――
・誰も興味がないであろう、私のトレーニング


〇起床時
心拍数 bpm
体重 53.3kg
体脂肪率 5.9%
疲労度 中


〇トレーニング内容

TSS 69.2
運動量 672KJ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。